恋愛方法

素敵な相手に出会うことが出来る!
貴方の理想を実現するための、恋愛方法を紹介しています。

  1. ホーム
  2. 恋愛
  3. 男と女の違い(趣味・嗜好)
男と女の違いを理解する(趣味・嗜好)

次は趣味・嗜好の違いについてです。

男性と女性とでは、趣味・嗜好にかなりの違いがあります。

しかし、この事実をちゃんと理解している人は意外と少なく、どうしても自分よがりの考え方になりがちです。

あなたが気に入ったものでも相手は気に入らないかもしれないし、あなたが好きなものでも相手は嫌いかもしれないのです。
このごく当然のことが、なぜか男性と女性の間ではわからなくなるときがあります。
とくに、趣味・嗜好に関した分野ではこの傾向が顕著にあらわれます。

このトピックでは、具体例を3つ紹介しながらこの点について見て行きます。

まず、最初に1つめの例を紹介します。

彼と一緒にレストランで食事をする時のことをイメージしてみてください。
いざメニューを開いたものの、なかなか注文するメニューが決まらないことってありませんか?

女性は自分の気持ちを探るのが大好きで、レストランの注文もそれを食べたときの感覚などいろいろ想像して楽しんでしまうことがよくあります。
ですから、相手の男性がすでに食べるものが決まっていても、女性はいろいろと目移りをして自分の食べるものをなかなか決められないことがあるものです。

また、男性は目的指向型で何でも目的を決め、一度決めた目的を果たそうとする傾向が強いのに対して、女性はいったん決めたことでも臨機応変に判断を変更できる柔軟性を持ち合わせています。

レストランの例で言えば、男性は食事をする際にすでに自分の食べるものが決まっている場合が多く、迷わずそれを注文します。
これに対して、女性は仮に目的のメニューが決まっていても、その場の雰囲気や気分で判断が変わることも多く、自分が食べるメニューをなかなか決められません。

もちろん、世の中のすべての男性女性がそうだとは言えませんが、一般的に男性と女性とではこうした傾向が強いと思います。

そこで、男性の気持ちを考えるなら、あまりメニュー選びに時間を掛けるのは避けた方が無難です。
どうしても自分が食べるメニューが決められない場合は、とりあえず彼と一緒のメニューに合わせるなどして、できるだけ相手を待たせない方が得策といえるでしょう。
男性はどちらかと言うと気が短い人が多く、こういう場面でジッと待たされるのが嫌いなのです。この点は、とくに注意してくださいね。

それでは、次に2つめの例を紹介します。

男性は、自分の得意分野や興味のあることになると異様なまでの執着をみせる人が結構います。あなたの周りにもいませんか?
そんな男性が…

たとえば、時計、カメラ、模型、TVゲーム、またはスノーボード、スキー、サーフィンなどのスポーツ用品、バイクや車といった乗り物まで、それぞれ趣向は違ってもいわゆるオタク的、コレクター的要素が強い男性は世の中にはたくさんいます。

基本的に男性は、専門性が高く、1つのことを探究する能力にたけています。
自分の得意分野や興味のあることになると、寝る間も惜しんで徹底的に集中できるのが男性の特質でもあるのです。
時計の年代やパーツの違い、車の排気量やスペックの違いなど女性からしてみればどうでもよいことでも、より深く専門的に追求してく傾向が男性にはよくみられます。

そこで、男性のこうした専門性や、コレクター的要素を褒めたり、頼りにしてあげるのはどうでしょう。
それだけで、男性は自尊心をくすぐられ満足するはずです。

また、自分が興味を持っているものを他人から褒められると、大抵の人はその相手に親近感を持ち心のガードが下がるものです。
この点をうまく利用すれば、相手との心理的距離を縮めて、より相手に接近しやすくなります。

実際、男性はプライドの高い人が多いですから、こういった男心をくすぐるモテテクは何かと使える場面も多いかと思いますよ。

では、最後にこんな例を紹介しておきます。

彼と2人きりの楽しい旅行。彼はあらかじめ計画を立てており、その通りに行動したいと考えています。
でも、あなたはその時に楽しそうな所や、行きたい場所が見つかれば、彼の計画とは関係なく立ち寄ってみたいと思っている。
この考え方のギャップがお互いのスレ違いを生み、楽しいはずの旅行がケンカで台無しになってしまうことも少なくありません。

男性は、物事を計画的に進めて行こうとする人が大半です。それゆえ、頭の中で組み立てられた計画通りに物事が運ばないと苛立ってしまうことがあります。

一方、女性は物事を即時的に捉えますから計画の変更は日常茶飯事。
最初にあげたレストランの例のように、良くも悪くも女性はいつでも判断を変更できる柔軟性を持ち合わせています。
旅行で言えばその場をいかに楽しむか、盛り上げるかと言うことに女性は力を注いでしまいます。

ところが男性は、女性のこうした即時的な行動によって自分が振り回されるのが嫌いです。できれば、自分が決めた計画通りに事を運びたいのです。

そこで、あなたが一歩譲ってこうした男性の特質を理解してあげてみてはどうでしょう。おそらく、2人の関係は今よりずっと良くなると思いますよ。

男性は自分の考えを否定されると意固地になることも多いですが、逆に相手に一歩譲ってもらえると、自分から引き下がれる度量がちゃんとあります。

これは一般的な人間関係においても言えることですが、自分から先に相手が望んでいるものを与えることで、相手からはその何倍、何十倍もの見返りを受け取ることができるものです。もちろん、見返りを期待して相手に与えるわけではないのですが、不思議とそのとおりになります。

ステキな恋愛をするうえでも、こうした心構えはとても大切なことです。

▲このページの先頭へ

復縁体験談

思いのすれ違い2年近く付き合っていた彼との話です。

外の芝生は青く見える!?外の芝生は青く見えるとよくいいますが、まさしく恋愛はそういう感情の繰り返しではないでしょうか。

k子さんの体験談私には6年間付き合っている別れと復縁を経験している彼氏がいます。

自分にとっての彼私はいつも感情的で、細かいことで怒って彼を泣かせたりして、困らせてばっかり。

復縁してから結婚私と夫は、私が働く美容院の客と店員として出会いました。

自分に自信を持つ彼とは中学校の同窓会がきっかけで付き合うことになりました。

みんなで幸せになりたい私は、もうすぐ結婚という状態になって振られてしまいました。

約束を守ると言う事の大事さ私は、会社の後輩にあたる彼とつきあっていました。

自分自身を誇れる女性2つ年上の幼馴染の彼は、勉強もスポーツも万能、人柄もよく、男子からも女子からも人気のある人で、本当に自慢の彼でした。

プライドや嫉妬が邪魔僕と彼女は高校の同級生で、高校時代から付き合いで、結婚の約束もしていました。

自分を心から信じてくれている人私と彼女は飲食店の店長とアルバイトとして知り合い、15歳の年の差がありながら付き合うことになりました。

不倫体験談

部下の奥さんを無理矢理…先日会社の部下がマイホームを買ったというので、お祝いに駆けつけました。

主人と子供の目の前で・・去年の夏、主人と小学生の息子2人(小5と小4)で 山中の河川にでかけたときのことです。

変態夫婦が主催するオフ会先月とある変態夫婦が主催するオフ会に行ってきました。

22才の弟の嫁先日弟の嫁、佳奈が来た。

私を犯して弄ばれた少年の奴隷に32歳の元人妻です。

欲求不満で犯されたい人妻暖かいある日、営業で歩いていると"パサッ"と何かが落ちてきた・・・

妻は会社を守るため玩具になりました私は37歳。父から引き継いだ祖父の代から続く工場を経営しています。

隣に5年前当時22歳の若い夫婦隣に5年前 当時22歳の若い夫婦が引越ししてきた。

クラス会帰りの奥さんを頂きました先週の金曜日、まだそんな遅くない時間仕事がらみの飲み会からの帰り

隣に住む中年の美人の奥さん23歳の一浪学生でバイトが忙しく勉強も遊びも出来ません。

片思い体験談

遠距離から脱出する予定私はある動画サイトでたくさんの人とコメントでお話をしたり…

好きすぎて緊張してしまう私の実体験から、言いたい事を言えなくて上手くいかなかった事を話したいと思います。

もっと強い女になりたいですバイト先の年下の上司を好きになりました。

友達になってしまったのでしょうか?専門学校で同じクラスの彼と帰る方向が一緒なので、最近よく一緒に帰っています。

私が幸せにしてあげたい高校に入ってから本当に好きな人と出会えました。

同じクラスに好きな人がいます私には同じ高校で同じクラスに好きな人がいます。

浮気体験談

準レギュラークラス俺は今年卒業したばっかで大学ではバスケのサークルに入ってました。

半同棲女友達というか大学時代付き合ってた彼女の友人に…。

幼馴染という存在俺のうちは自営業の共稼ぎだったから、いつも友達の溜まり場になっていた。

薄幸の美少女高校生のとき付き合ってた同じクラスのT美の話。

初めての浮気体験俺が大学受験真っ最中のときだった。

▲このページの先頭へ

恋愛占い